台日親善に尽力 楊明風氏に旭日双光章=八田技師の追悼式など開催/台湾

2021/10/15 17:20
勲章伝達式に臨む楊明風氏(右)と日本台湾交流協会高雄事務所の加藤英次所長
勲章伝達式に臨む楊明風氏(右)と日本台湾交流協会高雄事務所の加藤英次所長

(台南中央社)2021年春の外国人叙勲で旭日双光章を受章した楊明風(ようめいふう)元嘉南農田水利会会長への勲章伝達式が15日、南部・台南市の農田水利署嘉南管理処で行われた。日本の対台湾窓口機関、日本台湾交流協会高雄事務所の加藤英次所長は、今後の日台関係のさらなる深化に期待を寄せた。

楊氏は嘉南農田水利会の会長職を10年務め、昨年退職。烏山頭ダムや大規模用水路の嘉南大圳の維持管理に尽力し、その設計や建設に従事した八田與一(はったよいち)技師の追悼式を毎年開催するなどしていた。

加藤氏は、日台双方の歴史と友好関係の発展に貢献したとして楊氏の功績をたたえた。

(張栄祥/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。