コロナ禍、無病息災願う 台中郊外に端午節の「午時水」汲む人々/台湾

2021/06/14 19:23

新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が呼び掛けられる中、旧暦5月5日の端午節にあたる14日、中部・台中市郊外の景勝地、八仙山国家森林遊楽区では端午節の風物詩の1つ、「午時水」を汲む人たちの姿が見られた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。