台湾、新型コロナ発生をいち早く察知 きっかけはネット掲示板の投稿

2020/04/16 19:11

新型コロナウイルスの対応をめぐり、台湾は昨年末、中国・武漢で原因不明の肺炎が発生している可能性があるとの情報を世界保健機関(WHO)にいち早く提供していた。台湾が武漢での異状を察知できたきっかけは、疾病対策部門の官僚がインターネット掲示板で偶然目にした1件の投稿だった。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。