村上春樹さん新刊の絵を担当 台湾のイラストレーター・高妍さんインタビュー(前)

2020/04/01 15:42

台湾でも高い人気を誇る作家、村上春樹さんのエッセー「猫を棄てる 父親について語るとき」(文藝春秋)の装画・挿絵担当に、台湾のイラストレーターで漫画家の高妍(ガオ・イェン)さんが抜擢された。高さんは、日本、台湾両地の出版業界で注目が高まりつつある23歳の新鋭クリエーターだ。3月下旬、中央社の単独インタビューに応じ、今回の起用や創作活動などについて語った。前編、後編に分けて掲載する。前編では「猫を~」の仕事を中心に、抜擢されたきっかけや創作過程などについて聞いた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。