台湾語の伝承を推進する文化施設がオープン 台湾初

2018/05/05 17:33

台湾の方言で使用人口が最も多い、台湾語の伝承を進める文化施設「台語文創意園区」が5日、中部・彰化市にオープンした。開園式に出席した蔡英文総統は台湾語であいさつし、同施設が「台湾初」であることを強調。現在の台湾では、かつての自身を含め、台湾語を流暢に話せない人が少なくないとした上で、今後、将来世代が台湾語に触れ、話す場所になってくれればと期待を示した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。