アプリで読む
ダウンロード

台湾の仏教道場で除夜の鐘 被災地の復興祈る 蔡総統と馬前総統が出席

2018/02/17 17:01

台湾の新興仏教団体「法鼓山」は旧暦の大みそかに当たる15日深夜から旧正月の16日未明にかけて、金山法鼓山世界仏教教育園区(新北市)で梵鐘(ぼんしょう)を108回突く新年の法会を行った。蔡英文総統や馬英九前総統、頼清徳行政院長(首相)らが出席し、台湾東部地震で被害を受けた花蓮の復興や新たな1年の平和を祈った。同法会に現総統と前総統が共に参加するのは初めて。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.22