二・二八事件の日本人犠牲者遺族が勝訴 基金会に2千万円賠償命令/台湾

2016/02/17 14:58

国民党政権による長期的な民衆弾圧の引き金となった1947年2月28日の「二・二八事件」で犠牲になった日本人の青山恵先さんの遺族が、中華民国政府からの委託で同事件の処理を担当する「二二八事件記念基金会」に対して賠償を求めた訴訟で、台北高等行政法院(裁判所)は17日、同基金会に600万台湾元(約2050万円)の支払いを命じた。外国人犠牲者遺族への賠償が認められたのは初めて。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。