“持続可能な発展の母”ブルントラント元首相、COP21で台湾「唐奨」と交流

2015/12/07 18:58

地球環境問題への取り組みから“持続可能な発展の母”と称されるノルウェーのグロ・ハーレム・ブルントラント元首相は7日、フランス・パリで開催中の国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)への出席に合わせ、同会議に出展中の台湾・唐奨教育基金会のブースを訪れ、同基金会の陳振川執行長らと交流する。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。