蔡総統、台湾の国連参加への支持を訴え=米NYのイベントで録画演説

2022/09/20 13:57
蔡総統、台湾の国連参加への支持を訴え=米NYのイベントで録画演説
蔡総統、台湾の国連参加への支持を訴え=米NYのイベントで録画演説

(ニューヨーク中央社)国連総会の一般討論演説が始まるのを前に、蔡英文(さいえいぶん)総統は19日、国連総会と並行して米ニューヨークで開かれている非営利団体主催の大型イベントで、事前録画したビデオを上映する形式で基調講演を行った。「われわれが団結し、互いに支え合ってこそ、権威主義政権の拡張主義の目標を撃退するのに成功することができる」と述べ、台湾の国連参加への支持を訴えた。

イベントは非営利団体「コンコルディア」が主催。中華民国(台湾)の元首が国連総会の開催期間中に米ニューヨークで開かれる大型イベントで演説を行うのは初めて。

蔡総統は約5分半の演説で、ロシアによるウクライナ侵攻や台湾が毎日直面している脅威に触れ、「これらは権威主義政権がなんとしてでも拡張主義を実現しようとしている証しだ」と指摘。台湾が目の当たりにしている中国の軍事的威嚇やグレーゾーン・影響力作戦などの脅威にも言及し、「これらは全て、われわれが勝ち取ってきた民主主義の生活様式をむしばむのが目的だ」とし、「われわれは権威主義者の干渉による挑戦に尻込みしない。むしろ、挑戦に立ち向かい、民主主義を破壊しようとする勢力に対抗する」と強調した。

また、台湾は国連加盟国ではないものの、新型コロナウイルス流行下でのマスクや医療設備の寄贈や感染症情報の提供、ウクライナへの人道援助など、世界の危機の解決を支援していると紹介し、台湾が国連システムに加われば、各国とより緊密に協力し、将来の挑戦に立ち向かうことができるとアピールした。

(尹俊傑/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。