石破氏、台湾有事「備えを」具体的議論に意欲 日本議員団、蔡総統と会談

2022/07/28 13:11
蔡総統(右)との会談であいさつする石破氏
蔡総統(右)との会談であいさつする石破氏

(台北中央社)超党派の国会議員でつくる勉強会「日本の安全保障を考える議員の会」のメンバーが28日、台北市内の総統府で蔡英文(さいえいぶん)総統と会談した。石破茂元防衛大臣は「この地域において有事にならないために備えをしておかなければならない」とし、具体的な対処について意見を交わし、日台間で共通認識を構築することが抑止につながるとの考えを示した。

石破氏は、台湾有事への備えの必要性を訴えた上で、どのような事態を想定し、どのような条約、法律に基づき、どの部隊を運用するのかといった対応策について、「それぞれが共通の理解を持たなければ抑止力にならない」と指摘。「シンパシーを共有するあまり、具体的な詰めが不十分だったのではないかと反省している」と語った。

▽蔡総統「台湾は戦略的に重要な防衛線」

蔡総統は議員団の訪台を歓迎。死去した安倍晋三元首相が台日間の友情を築くのに重要な役割を果たしたとし、哀悼の意を表した。

安全保障については、台湾を守ることは自国の主権を守るためだけでなく、「地域の安全保障において第1列島線上に位置する戦略的に重要な防衛線を守るためでもある」と言及。日本など理念の近い国々と協力し、インド太平洋地域の安定と平和を維持していく姿勢を示した。

▽超党派議員、30日まで滞在

一行は27日に台湾入り。石破氏と浜田靖一元防衛大臣が共同で団長を務め、30日まで滞在する。安倍元首相の死去で台日間のつながりが弱まるのではとの懸念を払拭し、日本の台湾重視の姿勢を改めて示す目的があるとみられる。

欧米の要人の訪台も相次いでおり、今月は欧州議会のベーア副議長やエスパー前米国防長官らが台湾を訪れた。

(温貴香/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
影片來源:presidentialoffice
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。