南部・屏東の一般道に戦闘機が初着陸=中国侵攻想定の軍事訓練/台湾

2021/09/15 13:02

南部・屏東で15日朝、有事の際に一般道を代替滑走路として戦闘機を離着陸させる訓練が実施された。中国による台湾侵攻を想定した年次演習「漢光37号」の一環で、視察した蔡英文(さいえいぶん)総統はフェイスブックで「中華民国(台湾)空軍の領空を守る自信を示した」と評価した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。