台湾のIT閣僚、訪日取りやめ「東京五輪のコロナ対策に協力」

2021/07/18 12:00
台湾のIT閣僚、訪日取りやめ「東京五輪のコロナ対策に協力」=唐氏のフェイスブックページより
台湾のIT閣僚、訪日取りやめ「東京五輪のコロナ対策に協力」=唐氏のフェイスブックページより

(台北中央社)行政院(内閣)の羅秉成(らへいせい)報道官は18日、デジタル政策担当の唐鳳(オードリー・タン)行政院政務委員(無任所大臣に相当)の東京五輪に合わせた訪日を取りやめると発表した。東京五輪の新型コロナウイルス感染対策に協力するためとしている。唐氏は開会式に出席する予定だった。

羅氏によれば、国際オリンピック委員会(IOC)から14日、感染対策のため開会式の出席者を例年より厳しく制限するとの通知を受けた。各国のオリンピック委員会会長や首脳などに絞り込む方針だとされ、唐氏の出席は困難になるとみられたため、蔡英文(さいえいぶん)総統らと協議した上で、取りやめることを決定したという。

唐氏は18日午前、フェイスブックを更新し、日本語でも訪日の取りやめを報告。「日本への感謝の心は変わりません」などとした上で、またの訪問を願う気持ちを記した。

(陳俊華/編集:楊千慧)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。