アプリで読む
ダウンロード

デルタ株確認でマンゴーに風評被害 農業委「青果での感染例ない」/台湾

2021/06/28 14:12

南部・屏東県枋山郷でインド由来の新型コロナウイルスの変異株「デルタ株」のクラスター(感染者集団)が確認されたのを受け、同郷産のマンゴーの注文キャンセルや買い控えなどが発生している。行政院(内閣)農業委員会は27日、報道資料を通じ、青果やパッケージによって感染した例は現時点では世界でも発生していないとし、安心して購入するよう消費者に呼び掛けた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.24