台湾、米国と沿岸警備の連携強化で覚書 バイデン政権で初

2021/03/26 12:50

米国の対台湾窓口機関、米国在台協会(AIT)は26日、駐米国台北経済文化代表処(大使館に相当)と沿岸警備ワーキンググループの設置に関する覚書を結んだと発表した。米沿岸警備隊と台湾の海洋委員会海巡署(海上保安庁に相当)を通じて意思疎通の向上や協力関係の構築、情報共有などを行う。蘇貞昌(そていしょう)行政院長(首相)は同日、平和を守るためにみなが各方面で協力していると述べ、中国に対し、地域の緊張を高め続けるのはやめるよう呼び掛けた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。