WHO、声明で「台湾」と呼称=香港メディアのネット取材で「通話切断」も

2020/03/30 19:07

世界保健機関(WHO)の幹部が香港メディアのテレビ電話によるインタビューで、台湾の参加に関する質問に応じず「通話切断」したことが物議を醸している。WHOは29日、公式サイトに声明文を出し「台湾の参加については加盟国が決めることであり、WHOの職員ではない」と釈明しつつ、台湾の感染率が比較的低いことに言及し、「台湾を含めた各地の保健当局の経験を学んでいる」との姿勢を示した。WHOはこれまで「中国・台湾」や「台北と周辺地域」などの呼び名を用いており、「台湾」と呼称するのは異例。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。