3兆円規模のインフラ整備計画が閣議決定 林首相が会見/台湾

2017/03/24 13:27

政府は23日、「将来を見据えたインフラ建設計画」(前瞻基礎建設計畫)を行政院会議(閣議)決定し、林全行政院長(首相)は、鉄道や水環境、グリーンエネルギー、デジタルおよび都市・地方開発の5大建設を掲げた。8年でかかる経費は約8825億台湾元(約3兆2200億円)で、約1兆7777億元(約6兆5000億円)の民間投資を見込むと発表した。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。