アプリで読む
ダウンロード

民家の路地に猛毒ガニ 専門家「見つけても食べないで」 離島・澎湖

2024/04/14 18:53
水産試験所澎湖漁業生物研究センター提供
水産試験所澎湖漁業生物研究センター提供

離島・澎湖の民家が立ち並ぶ路地でこのほど、色鮮やかで赤っぽく見えるウモレオウギガニが見つかった。住宅地での目撃は異例。猛毒を持つため、水産試験所澎湖漁業生物研究センターは命の危険があるとして見つけても食べないよう注意喚起した。

同センターの謝恒毅主任によれば、目撃されたウモレオウギガニは体長約10センチで12日夜、湖西郷龍門村に住む漁師の自宅に近い路地に姿を見せた。澎湖ではあまり見られず、漁師の網にかかり水揚げされた可能性があるとしている。

同センターによれば、澎湖の潮間帯にはさまざまなカニが生息しているが、その多くは経済価値を持つ食用ガニで、猛毒ガニの発見は頻繁ではない。カニは同センターが回収した。今後、研究や標本作成が進められる。

ウモレオウギガニは全身にまひ性貝毒を有しており、有毒なカニ類では食中毒の発生や死亡率が最も高いという。台湾の他に日本や中国海南島、インド洋などにも分布している。

(編集:荘麗玲)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.107