アプリで読む
ダウンロード

シカが暮らす無人島・大坵島 民宿がぬいぐるみキーホルダーを販売/台湾

2024/04/03 18:39
民宿が制作したシカのぬいぐるみのキーホルダー=中央社記者潘欣彤撮影
民宿が制作したシカのぬいぐるみのキーホルダー=中央社記者潘欣彤撮影

離島・連江県(馬祖列島)の無人島、大坵島は、1980年ごろに放たれたタイワンジカが繁殖して島の名物となっている。現在、大坵島へは生態観測を目的とした船が期間限定で運航されており、県内の民宿はシカのぬいぐるみのキーホルダーを制作し、「シカ商機」を狙っている。

キーホルダーはツアーガイドや土産物店を通じて販売。昨年は2万個以上が売れたという。

島への船の運航は、今年は3月17日に始まった。10月までの予定。台湾で清明節(今年は4月4日)に伴う連休となる4~7日にかけては、すでに300人近くが同島への乗船券を購入しているという。

(潘欣彤/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
大坵島に生息するタイワンシカ=「馬祖有個周小馬追淚人」提供
大坵島に生息するタイワンシカ=「馬祖有個周小馬追淚人」提供
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.105