アプリで読む
ダウンロード

台中でライトアートイベント クリスマス盛り上げる 台湾一標高が高いクリスマスツリーも 

2023/12/24 17:27
参山国家風景区管理処提供
参山国家風景区管理処提供

クリスマスと年末の楽しい雰囲気を盛り上げようと、交通部(交通省)観光署(観光庁)参山国家風景区管理処は中部・台中市でライトアートフェスティバル「山谷灯光節」を開催している。主役となるのは2本のヒマラヤスギの木で、台湾で最も高い場所にあるクリスマスツリーとして注目を集めている。

会場は高原野菜や果物などの生産で有名な市の景勝地、梨山と温泉地として知られる谷関の両地で、今年で3年目の開催となる。

ヒマラヤスギの木は標高1956メートルの梨山にある宿泊施設「梨山賓館」前に聳えており、「雲の上のクリスマスツリー」とも呼ばれ、高さ28メートルに及ぶ。

同処によれば、周りには交通部(交通省)観光署(観光庁)のPRキャラクター「オーション」(喔熊)の形をした光のオブジェや現地に住む原住民(先住民)族出身の工芸士と手を組んだ作品なども見られ、梨山の夜を美しく彩っているという。

イベントは来年1月7日まで続く。

(趙麗妍/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.106