アプリで読む
ダウンロード

21日は「防災の日」 離島の小学校で避難訓練/台湾

2023/09/16 16:09
地震の発生を想定した訓練で、机の下にもぐる児童=14日、澎湖県龍門小学校(澎湖県政府提供)
地震の発生を想定した訓練で、机の下にもぐる児童=14日、澎湖県龍門小学校(澎湖県政府提供)

台湾の防災の日に当たる21日の「国家防災日」を前に、台湾海峡の離島、澎湖県の小学校で14日、地震の発生を想定した訓練が行われた。児童たちは机の下にもぐったり、防災頭巾をかぶって校舎の外に避難したりした。

訓練を視察した陳光復(ちんこうふく)県長は、台湾は地震が頻繁に起こり、財産に著しい損害を与えると指摘。今回の訓練を通じて児童や島民に防災意識を高め、災害時の対応力を強化してもらい、死傷者の発生を防ぎたいと語った。

台湾では1999年9月21日、台湾大地震が発生したのにちなみ、この日を「国家防災日」としている。

(編集:齊藤啓介)

防災頭巾をかぶり階段を使って屋外への避難の訓練をする児童ら=14日、澎湖県龍門小学校(澎湖県政府提供)
防災頭巾をかぶり階段を使って屋外への避難の訓練をする児童ら=14日、澎湖県龍門小学校(澎湖県政府提供)
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.7