アプリで読む
ダウンロード

阿里山でツツジが見頃 赤・ピンク・白・黄 一面の春色

2023/04/29 18:18
嘉義林区管理処提供
嘉義林区管理処提供

南部・嘉義県の景勝地、阿里山国家森林遊楽区で台湾に自生する春の花、ツツジが見頃を迎えている。濃い赤や薄い赤、ピンク、白、黄色など色とりどりで、園内をカラフルに彩っている。

林務局嘉義林区管理処によれば、同処は昨年、嘉義大学と連携し、栽培技術の壁を乗り越えて園内に台湾固有種のツツジ10種類計5000株を植えた。今は開花が相次いで確認されており、訪れた人たちの目を楽しませている。

ツツジの満開を祝おうと、29日には同大音楽学科のコンサート・バンドによるパフォーマンスが披露され、来場者に視覚だけでなく聴覚の供宴も提供した。

同管理処はクラシックとポピュラー音楽の演奏で、行楽客とツツジの距離を縮めることができればと願った。

(蔡智明/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
嘉義林区管理処提供
嘉義林区管理処提供
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.65