台南の洪水調節施設、市民の間で話題「まるでサンタブーツのよう」

2022/11/25 17:18:28
台南市政府水利局提供
台南市政府水利局提供

写真は空から見た南部・台南市将軍区にある洪水の調節施設「広山遊水地」。まるでサンタクロースの靴のように見えるため、市民たちの間で話題を呼んでいる。

同市政府水利局によれば、広山遊水地は将軍区最大の遊水地で面積約1ヘクタール、最大の貯水容量は1万8000トンに達する。民間から土地を購入し、建設した当初は外観を特別に設計しておらず、現地が必要とする貯水量のみを考慮し、大きさを決めたという。

「工事完了後の検収で、航空写真を撮ったところ、はじめてその形がサンタブーツに似ていることに気づいた」と同局は話す。靴の先端にある灰色の部分については、施設に合わせて設置された排水ポンプ場で、1秒当たり2トンの排水能力があるとしている。

同局は地元民の話として、遊水地が建設される前、現地では毎年少なくとも10回は水害に見舞われたが、2019年の竣工後は、膝まで浸かる程度の浸水被害は発生していないと紹介。「遊水地の周辺を散策する高齢者もいて、まるで美しい景観を有する池が出来たようだ」と胸を張っている。

台南市には現在57の遊水地があり、総貯水量は累計1000万トンに上る。

(楊思瑞/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。