廃棄された竹製のカキ養殖棚、消臭除湿効果ある炭に再生

2021/12/02 18:50

台南市政府農業局と龍崎区農会(農協)は、廃棄された竹製カキ養殖棚を使った炭の開発に成功した。猫砂や消臭・除湿グッズなどとして生まれ変わり、新たな商機を狙う。

1日には記者会見が行われた。李建裕農業局長によると、台南市では養殖業者によって毎年多くのカキ養殖棚が廃棄され、回収量は5000トンに達するという。沿海部に放置したままだと環境汚染につながるため、農業局と農会、嘉義大学が協力して再利用化を図った。これまでは焼却処分するか、ボイラーの燃料にする活用方法しかなかったという。

関連グッズは龍崎区農会竹炭故事館で購入できる。

(写真:台南市農業局提供)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。