台湾随一の景勝地、タロコ国家公園 ごうごう響く滝の音

2021/11/30 13:14
中国宮殿風の「長春祠」とごうごう湧き出る「長春飛瀑」
中国宮殿風の「長春祠」とごうごう湧き出る「長春飛瀑」

雄大な渓谷美が楽しめる東部・花蓮の景勝地、タロコ(太魯閣)国家公園。ここの見どころの一つとして「長春祠」という中国宮殿風の祠が挙げられる。台湾を横断する中部横貫公路(中横公路)の建設工事で殉職した225人の慰霊碑として建てられた。近くの地形に応じて山にはめ込まれており、美しい滝と織りなす姿はまるで絵画のよう。滝の湧き水が勢いよく山の壁から噴出することから、「長春飛瀑」と呼ばれ、特別な意義を持つ中横公路のランドマーク的な存在とされている。観光客たちが記念写真を撮る際の重要な撮影スポットとなっていることはもちろん、言うまでもない。

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。