台湾の音楽ライブ文化を記録 ドキュメンタリー番組、TaiwanPlusで配信

2022/01/18 14:37
自身が出演するドキュメンタリーの記者会見に臨むアーティストら
自身が出演するドキュメンタリーの記者会見に臨むアーティストら

(台北中央社)台湾の過去25年近くの音楽ライブ文化を記録したドキュメンタリーシリーズ「Road to Legacy」(登台之路)が17日、台湾の動画配信サービス「TaiwanPlus」(台湾プラス)のオリジナル作品として配信開始された。結成20年超のロックバンド、Tizzy Bacなど10組のアーティストにスポットを当て、ライブパフォーマンスに加え、ステージに立つ前の挑戦や進化を描く。

同シリーズは2年半をかけて準備、撮影をした。10組のアーティストを密着撮影すると同時に、過去25年間のライブパフォーマンスの風景をえりすぐった。

記者会見が同日、台北市内で開かれ、出演した10組のアーティストや同シリーズのエグゼクティブプロデューサーを務めたライブハウス「Legacy」の馬天宗総経理(社長)、TaiwanPlusの蔡秋安執行長(CEO)らが出席した。

馬氏は、同作品で取り上げた10組のアーティストは台湾の音楽シーンを凝縮したものだとし、番組を通じて台湾音楽の「現在進行形の全貌」を垣間見てほしいと呼び掛けた。

17日に配信開始されたのは、Tizzy Bacと88balaz(八十八顆芭楽籽)、Nighteentael(十九両楽団)の3組をそれぞれ取り上げた3本。今後、ABAO(阿爆)やネームウィー(黄明志)、LINIONなど7組に焦点を当てたエピソードが順次配信される。

(葉冠吟/編集:名切千絵)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。