王・李組が中国ペア破る 台湾バドミントン界初の金獲得

2021/07/31 21:00
笑顔の李洋(左)と王斉麟
笑顔の李洋(左)と王斉麟

(台北中央社)東京五輪は31日、バドミントン男子ダブルス決勝が行われ、台湾の王斉麟(26)、李洋(25 )組が中国の李俊慧、劉雨辰組を2-0のストレートで破り、金メダルを獲得した。台湾のバドミントン選手が五輪で金メダルを取ったのは初めて。

最新の世界ランキングで3位の王・李組。2人がペアを組むようになったのは2018年末。19年のスペインマスターズで優勝を果たして以来、数々の国際大会で好成績をマーク。昨年のBWF(世界バドミントン連盟)ワールドツアーファイナルズでは、初の年間王者に輝いている。

今大会で台湾が手にしたメダルの内訳は、金2、銀2、銅3。

(編集:羅友辰)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。