故宮南院で割れた伊万里焼、修復完了 日本の伝統技法で生まれ変わる/台湾

2018/06/26 14:51

国立故宮博物院と大阪市立東洋陶磁美術館は25日、故宮博物院南部院区(嘉義県、南院)で昨年7月、展示中に自然破損した江戸時代の伊万里焼「染付柳鳥文皿」の修復が完了したと発表した。台北市の故宮博物院で記者会見が開かれ、1年近くかけて修復した皿のお披露目が行われた。皿は継ぎ目を金で装飾する日本の伝統技法「金継ぎ」を用いて修復され、双方の協力を通じて新たな命が吹き込まれた。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。