台湾映画「KANO」、大阪アジアン映画祭開幕作品に決定 海外初上映

2013/12/25 18:03

「海角七号/君想う、国境の南」や「セデック・バレ」などの代表作で知られるウェイ・ダーション(魏徳聖)監督プロデュースの最新作「KANO」が、来年3月7日~16日に行われる大阪アジアン映画祭で、オープニング作品として上映されることがわかった。台湾以外の地域では初めての公開となる。


お探しの記事は有効期限を過ぎており表示できません。

中央社の有料記事データベースをご利用ください。

※中央社フォーカス台湾に掲載の記事・写真・イラストの無断転載・利用を禁じます

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。