アプリで読む
ダウンロード

野球国際大会でU23台湾代表が準V 決勝で日本に惜敗

2024/07/11 11:18
プラハ・ベースボールウイークで準優勝したU23台湾代表(中華民国野球協会提供)
プラハ・ベースボールウイークで準優勝したU23台湾代表(中華民国野球協会提供)

(台北中央社)野球の国際大会、プラハ・ベースボールウイークの決勝が10日、チェコ・プラハで行われ、U23(23歳以下)台湾代表は大学日本代表に3-5で敗れて優勝を逃した。

元阪神の郭李建夫監督率いる台湾代表は一回表、范育銓が2ランを放ち先制したものの、二回裏には2点を奪われて追い付かれた。五回表には朱瑋淇がソロホームランを打ち勝ち越すも、六回と七回に合わせて3失点を許し、その後は逆転を果たせなかった。

大会のベストナインには台湾の呂昱廷投手が選ばれた。チームはオランダ・ハーレムで12日から行われる大会にも参加する。

(楊啓芳/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.81