アプリで読む
ダウンロード

5人制「ベースボール5」アジア杯、台湾が準優勝 W杯の出場権獲得

2024/04/17 15:03
ベースボール5のアジアカップで準優勝した台湾代表(中華民国野球協会提供)
ベースボール5のアジアカップで準優勝した台湾代表(中華民国野球協会提供)

(台北中央社)男女混合5人チームでゴムボールを手打ちするスポーツ「ベースボール5」のアジアカップは最終日の16日、韓国ソウルで決勝が行われ、台湾代表は1-2で日本に敗れ準優勝に終わった。10月に香港で開催されるワールドカップの出場権を手にした。

大会は2022年に続き2度目。台湾は第1回大会の王者で2連覇を狙っていた。3セット制で行われ、決勝では1セット目を先取したものの、残る2セットを奪われて惜敗した。また大会の最優秀男性選手に台湾の施季定華が選ばれた。

台湾代表は大会期間中、試合外でも他チームのメンバーと交流。日本代表からは、地震による被害を受けた台湾への応援メッセージを書いた手製の旗が贈られた。旗には「私たちは台湾の盟友」や「地震に負けるな」などの言葉が選手たちの手書きの中国語で記された。両チームの選手は記念撮影をし、仲を深めていた。

(謝静雯、楊啓芳/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
記念撮影する台湾と日本のベースボール5代表(中華民国野球協会提供)
記念撮影する台湾と日本のベースボール5代表(中華民国野球協会提供)
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.19