アプリで読む
ダウンロード

元西武・呉念庭、台湾社会人デビュー戦で2安打2得点

2024/04/10 15:56
台湾社会人野球リーグ戦デビューを果たした呉念庭(左)=4月9日、桃園市
台湾社会人野球リーグ戦デビューを果たした呉念庭(左)=4月9日、桃園市

(桃園中央社)元西武の呉念庭内野手が9日、台湾社会人野球リーグ戦デビューを果たした。

昨季限りで西武を退団後、台湾の社会人チーム「全越運動」に入団した呉。この日は「3番・三塁」でフル出場し2安打2得点だった。

呉は「守備の時はちょっと緊張した」としながらも試合に出られたことを喜んだ。フル出場は昨年10月の杭州アジア大会以来約半年ぶりだという。

試合は全越運動が4-0で列特博生技に勝利した。全越の先発、高塩将樹(元横浜金港クラブ)が7回無失点で白星を挙げた。

(謝静雯/編集:羅友辰)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.19