アプリで読む
ダウンロード

満島ひかり、台湾・高雄の野外音楽フェスに出演へ 日本のジャズバンドと共演

2024/03/04 16:49
今月末、南部・高雄市で野外音楽イベント「メガポートフェスティバル」(大港開唱)が開かれる。歌手で俳優の満島ひかりは目玉の女性ゲスト「大港女神」として出演する=主催側のフェイスブックページより
今月末、南部・高雄市で野外音楽イベント「メガポートフェスティバル」(大港開唱)が開かれる。歌手で俳優の満島ひかりは目玉の女性ゲスト「大港女神」として出演する=主催側のフェイスブックページより

(台北中央社)歌手で俳優の満島ひかりが、南部・高雄市で今月末に開かれる野外音楽フェスティバル「メガポートフェスティバル」(大港開唱)に出演することが4日、分かった。同フェス主催者が発表した。日本のジャズバンド、SOIL&“PIMP”SESSIONSと共にステージを届ける。

同フェスは2006年に初開催され、今年で15回目。南部を代表する音楽フェスとなっている。

満島は目玉の女性ゲスト「大港女神」として出演する。過去にはビビアン・スー(徐若瑄)やデニス・ホー (何韻詩)らの他、2017年には酒井法子も大港女神として登場したことがある。主催者によると、昨年11月下旬に開かれた映画の祭典「ゴールデン・ホース・アワード」(金馬奨)で満島がプレゼンターを務めたのを機に台湾でその魅力が広く認知されたことから、フェスへの出演を依頼することにしたという。複数回のやり取りとスケジュール確認の末にようやく満島の出演が決まった。

1997年に男女7人組ダンスボーカルグループ、Folderのメンバーとしてデビューした満島。近年は俳優として目覚ましい活躍を遂げているが、音楽活動も並行して行っており、昨年には自身のレーベル「rhapsodies」を立ち上げた。今回共演するSOIL&“PIMP”SESSIONSとは、同レーベルの第1弾として同3月に発表した楽曲「eden」で歌手の三浦大知を含めてコラボレーションしている。

同フェスは今月30、31日に高雄市の駁二芸術特区で開かれる。チケットは両日とも完売。

(葉冠吟/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.20