アプリで読む
ダウンロード

役所広司 引退のホウ・シャオシェン監督に「尊敬しています」/台湾

2023/11/25 13:32
記者会見で笑顔を見せる役所広司
記者会見で笑顔を見せる役所広司

(台北中央社)25日夜に開かれる映画の祭典「第60回ゴールデン・ホース・アワード」(金馬奨)授賞式でプレゼンターを務める俳優の役所広司が24日午後、台北市内のホテルで行われた記者会見に出席した。体調を崩し引退したとされる台湾の映画監督のホウ・シャオシェン(侯孝賢)さんに触れ、「世界中の映画人に影響を与え、素晴らしい貢献を映画界にされたと思って尊敬しています」と語った。

役所は記者会見の冒頭、中国語で「皆さんこんにちは。私は役所広司です」と話すと、会場から歓声と拍手が上がった。

ホウさんの引退については、「残念に思いました」、「いつか会えると思っていましたけれども」と悔しさをにじませた。

また記者からの質問に対して「100年後、200年後、自分が出演した映画が、未来の人たちに見てもらえるかどうかというのは本当に厳しい競争がある」とした上で、未来の人たちに見てもらえる映画に出会いたいと語った。

今回が初の台湾訪問となった役所。映画祭の主催者側から「膨大な量のお菓子」をもらったと話し、「多分いろんなおいしいお菓子がたくさん入っているんだろうなと思って楽しみに日本で食べます」と笑った。

24日午前に台北金馬映画祭で開かれた業界向け特別講座「マスタークラス」で講演した際には、東日本大震災時の台湾からの支援について感謝の言葉を述べたと明かした。

(王心妤/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
影片來源:中央社攝影看世界
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.104