ウェイ・リーアン、新曲MVで台日韓の監督とコラボ=結婚後初めて報道陣の前に/台湾

2022/10/04 18:35:31
歌手のウェイ・リーアン(韋礼安)=ソニーミュージック台湾提供
歌手のウェイ・リーアン(韋礼安)=ソニーミュージック台湾提供

(台北中央社)歌手のウェイ・リーアン(韋礼安)が3日、台北市内で開かれた最新アルバム「明天再見」のミュージックビデオ(MV)発表記者会見に出席した。先月28日に一般女性との結婚を発表したリーアン。結婚の喜びを隠せない様子で、プロポーズの詳細を明かした。

「明天再見」はリーアンにとって約2年半ぶりとなる華語アルバム。収録曲のうち3曲のMVは、台北、東京、ソウルで撮影を行い、台日韓の3人のクリエーターがそれぞれ異なるスタイルの映像で「再見」(またね/さようなら)のテーマを表現した。台湾からは映画「君が最後の初恋」(当男人恋愛時)のイン・チェンハオ(殷振豪)監督、日本からは「PARKS パークス」の瀬田なつき監督、韓国からは人気グループ「BTS」御用達のフォトグラファー、Lessさんが参加した。

報道陣の前に姿を見せるのは結婚後初めてとなったリーアン。プロポーズについて、音楽賞「ゴールデン・メロディー・アワード」(金曲奨)のスピーチのように前もってしっかりとせりふを準備していたと告白。集まってもらった友人たちの前で片膝をつき、「この人だと思う人に出会った時、その人とこの先の人生を歩みたいと思ったら、この先の人生が早く始まってほしいと願う。あなたと明日も会いたいし、毎日会いたい」と相手の女性に誓いの言葉を贈ったという。

現在はアルバムのプロモーション期間であるため、新婚旅行も年内はお預けになるかもしれないとリーアンは明かす。結婚式も簡単なホームパーティー形式で行い、残ったお金は新婚旅行の資金に充てる予定だという。子作りは急いでおらず、毎朝起きると妻に甘い言葉を掛け、2人だけの生活を楽しんでいる最中だと話した。

(葉冠吟/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。