半導体TSMC、米アリゾナ州に3ナノ工場建設へ=創業者の張忠謀氏

2022/11/21 18:34:30
台湾積体電路製造(TSMC)創業者の張忠謀氏=台北・総統府で2022年11月21日、中央社記者鄭傑文撮影
台湾積体電路製造(TSMC)創業者の張忠謀氏=台北・総統府で2022年11月21日、中央社記者鄭傑文撮影

(台北中央社)台湾積体電路製造(TSMC)創業者の張忠謀氏は21日、同社が米アリゾナ州に、最先端の回路線幅3ナノ(ナノは10億分の1)メートル品の半導体を生産する新工場を設置することを明らかにした。張氏がアリゾナ州での3ナノ工場建設計画を認めるのは初めて。

タイ・バンコクで開かれたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に台湾代表として参加した張氏は20日に帰国した。21日、台北市の総統府で代表団の帰国記者会見が行われ、報道陣の質問に答えた。

張氏はアリゾナ州で建設中の5ナノ工場について、米国では最先端のものだが、台湾にすでにある3ナノ製造プロセスより1世代遅れていると紹介。その際、メディアから同州での3ナノ工場建設の可能性を質問され、「5ナノの後だ」と述べた。

TSMCは2020年5月、同州に5ナノ工場を建設すると発表。来月6日には最初の製造装置を搬入する記念式典が開催される。

(潘姿羽/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。