アプリで読む
ダウンロード

民主化の歩み記録 東京で台湾人カメラマンの写真展 「何が起きたか知って」

2024/05/16 17:47
謝長廷駐日代表(左)とカメラマンの宋隆泉さん
謝長廷駐日代表(左)とカメラマンの宋隆泉さん

(東京中央社)台湾の民主化の歩みなどを記録した台湾人カメラマン、宋隆泉さんの作品を紹介する写真展「台湾の自由風景-シャッターに収めた真実の記録」が15日、東京・虎ノ門の台北駐日経済文化代表処台湾文化センターで始まった。開幕式に出席した宋さんは、歴史の現場で何が起きたのかを知ってほしいと語った。

同センターによれば、宋さんは1957年生まれ。86年から出身地である北東部・宜蘭の情報を伝える雑誌「カバラン」(噶瑪蘭)の撮影・美術編集を務め、以降約40年間、変化する台湾を映像で記録した。

写真展は、戒厳令や政府の農業政策に対する抗議活動などの他、台湾オペラ「歌仔戯」などの伝統文化や農村、漁港の景色、謝長廷(しゃちょうてい)駐日代表(大使に相当)や蔡英文(さいえいぶん)総統らの人物に関する作品を三つのテーマに分けて展示。

この日開かれた開幕式には謝代表や和田有一朗衆院議員らが出席。20日に総統就任を控えた頼清徳(らいせいとく)副総統から贈られた花も飾られた。

宋さんは、歴史の真相は簡単にねじ曲げられてしまい、人々の記憶も簡単に忘れてしまったり、思い出したくなくなったりしてしまうと指摘。「ビジュアルで忘却にあらがいたい」と語った。

6月14日まで開催。

(戴雅真、楊明珠/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.20