暮らしや都市の変遷紹介する特別展 台湾・新竹の旧警察宿舎で

2022/05/12 18:23
暮らしや都市の変遷紹介する特別展 台湾・新竹の旧警察宿舎で=写真は新竹市政府提供
暮らしや都市の変遷紹介する特別展 台湾・新竹の旧警察宿舎で=写真は新竹市政府提供

(新竹中央社)写真や文物を通じて北部・新竹市の市民生活や学園生活、都市の移り変わりを紹介する特別展が、同市の文化商業施設「下竹町-南大路日式警察宿舎」で開かれている。

会場は日本統治時代に警察宿舎として建てられた歴史建築で、市による修復を終え、今年文化商業施設として生まれ変わった。

市文化局の張馨之局長は、12日に発表した報道資料を通じ、文化部(文化省)のデータベース「国家文化記憶庫」に保存されている1万枚以上の新竹に関する写真の中から、ランドマークとなっている建物が写っているものを選び、都市の歴史物語を際立たせたと説明。また年配の人への聞き取りや名家が保管していた写真や文物を、テーマごとに展示し、かつての新竹人の生活の一こまを理解できる他、現代の新竹人の日常風景と照らし合わせることができるとアピールした。

6月5日まで。

(郭宣彣/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。