中国軍事演習/中国軍機66機が台湾周辺で訓練 うち12機が中間線越え 軍艦も

2022/08/08 13:22
国防部提供
国防部提供

(台北中央社)国防部(国防省)は7日、中国軍の活動について、軍用機延べ66機が同日5時までに台湾周辺で訓練を行ったと明らかにした。うち12機が台湾海峡の「中間線」を越え、10機が中間線の延長線上にある南西空域に入った。軍艦14隻も台湾周辺の海域で活動し、海空の統合訓練を実施したという。

ペロシ米下院議長の訪台に反発し、台湾への軍事的圧力を強めている中国。戦闘機「スホイ30」延べ8機と、「殲11」延べ4機が中間線を越えた。

同部は、偵察システムで敵の状況を正確に把握したとし、警告を発した他、哨戒していた部隊の派遣や海軍の艦艇、ミサイルの配備などで適切に対処したと説明した。

離島・金門では同日、無人機1機が確認された。

離島・金門北碇島=資料写真
離島・金門北碇島=資料写真

中国メディアは中国軍の艦艇が東部・花蓮県沿岸の発電所からわずか約12キロまで近づいたと報じたが、同部は偽情報だとし、4日から7日までの軍事演習期間中、中国軍が台湾の領海に入ることはなかったと否定した。

(黄雅詩/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。