台湾・金門島付近に所属不明の航空機 夜間に2度 国防部「中国の無人機か」

2022/08/04 12:38
金門本島の東側にある北碇島
金門本島の東側にある北碇島

(金門・台北中央社)国防部(国防省)陸軍金門防衛指揮部は4日、中国・福建省に近い金門地区付近の上空を3日夜、所属不明の航空機が2度飛行したと発表した。同指揮部関係者は、中国の無人機とみられるとの見方を示した。

関係者によると、金門本島とその東側にある北碇島付近で3日午後9時ごろと同10時ごろ、所属不明の航空機が上空を飛行しているのをレーダーが探知したという。高度は約2000メートルだったとしている。

同指揮部は、作業手順にのっとり、信号弾を発射して警告した他、戦闘警戒態勢を取ったと説明した。

また、防衛区域ではあらゆる情報収集手段を運用し、周辺での動向を全て把握できると強調。駐屯地や陣地の偽装は規定に従って実施され、突発的な状況でも即時対応できる能力を持っているとし、国民に対し、心配しないよう呼び掛けた。

(黄慧敏、游凱翔/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
信号弾を撃つ兵士=資料写真、金門防衛指揮部提供
信号弾を撃つ兵士=資料写真、金門防衛指揮部提供
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。