中国で「国家政権転覆罪」の台湾人、5年の刑期終え帰国

2022/04/15 18:25
台湾に帰国した李明哲さん(右)
台湾に帰国した李明哲さん(右)

(桃園空港中央社)中国で国家政権転覆罪により服役していた台湾の非政府組織(NGO)活動家、李明哲さんが14日、5年間にわたる刑期を終えて釈放され、15日午前にアモイ経由で台湾に帰国した。対中政策を担当する大陸委員会は同日、李さんに対して引き続き関心を払い、必要な支援を提供する考えを示した。

李さんは長期にわたり中国の民主化発展に関心を寄せ、台湾の経験を交流サイト(SNS)を通じて中国に住む知人に紹介。2017年3月にマカオから広東省に入った後、中国当局に身柄を拘束され、同年11月に懲役5年、政治権利剥奪2年の判決を受けていた。

大陸委は、李さんの帰国を支援した関係者らに感謝を示し、中国に対して、台湾人に関係する権利と利益の保障を重視することが、両岸(台湾と中国)交流に寄与すると呼び掛けた。

(葉臻/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。