台湾・基隆、伝統の「鶏籠中元祭」 目玉のフロートパレード登場

2022/08/12 18:14
「鶏籠中元祭」でのフロートパレード
「鶏籠中元祭」でのフロートパレード

(基隆中央社)168年の歴史を誇る北部・基隆市の伝統行事「鶏籠中元祭」で11日、一番の見どころである灯籠流しやフロート車によるパレードが盛大に行われた。多くの人が参加し場を盛り上げた。

清朝時代から続いてきた同行事。あの世から無縁仏や先祖の霊が戻って来るとされる毎年旧暦7月(今年は7月29日から8月26日)の「鬼月」に開催される。コロナ禍の影響で2020年と21年は規模が縮小されていた。

林右昌(りんゆうしょう)市長は、「台湾の貴重な無形文化遺産だ」と同イベントの重要性を強調。今年盛大にパレードを開催できたのは、防疫対策に対する国民全体の努力のたまものだと喜びを示した。

(沈如峰/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。