最大高さ15メートル 宇宙人模した巨大オブジェが出現/台湾・台中

2022/08/12 13:00
台中市の草悟道エリアに現れる巨大オブジェ=同市政府提供
台中市の草悟道エリアに現れる巨大オブジェ=同市政府提供

(台中中央社)中部・台中市の繁華街、草悟道エリアに宇宙人を模した2種類のアート作品が登場した。高さは最大15メートル。台中市政府観光旅遊局(観旅局)によると、台湾人芸術家の「阿咧A-Lei」さんの作品で、来月5日まで展示されるという。

同エリア周辺には文化施設や公園、商業施設などがあり、市民の憩いの場として知られる。観旅局の韓育琪局長は、開発を手掛ける企業が周辺の商店を結び合わせ、地域ブランディングを形成して共栄を図っていると語る。オブジェは、エリアを盛り上げるため、先祖や無縁仏の霊がこの世に戻って来るとされる旧暦7月の「鬼月」をイメージして行うイベントに合わせて設置された。

イベント期間中はコンサートの他、物販や阿咧A-Leiさんの作品展も行われるとして、来訪を呼び掛けている。

(編集:齊藤啓介)

台中市政府提供
台中市政府提供
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。