チャイナエアライン A321neoを台北―東京線に初投入/台湾

2022/05/04 17:04
チャイナエアラインが台北の有名洋菓子店とコラボレーションしたケーキ=同社提供
チャイナエアラインが台北の有名洋菓子店とコラボレーションしたケーキ=同社提供

(台北中央社)チャイナエアラインは4日、今年新たに導入したエアバスA321neo型機を台北(松山)―東京(羽田)線に初投入した。初便では台湾と日本の食材を使った台北の有名洋菓子店とコラボレーションしたケーキが特別に提供された。

同社によると、今後同線は毎週水曜と土曜にA321neoで運航するという。

ケーキはビジネスクラスでメロンケーキ、エコノミークラスでレモンケーキがそれぞれ提供された。メロンは北海道から取り寄せた種を中部・雲林県の契約農家が栽培したもの。レモンは南部・屏東県産。熊本で作られた小麦粉と合わせたとしている。

同社は、今年の下半期から、東京や大阪、名古屋、福岡などの全クラスで同じ洋菓子店とコラボレーションしたケーキを提供するとしている。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。