台湾・台中で紅葉が見頃に 多くの行楽客でにぎわう

2021/11/26 14:51
福寿山農場のモミジ=同農場提供
福寿山農場のモミジ=同農場提供

(台中中央社)南国台湾で秋が深まり、中部・台中市のレジャー施設、福寿山農場では紅葉が見頃を迎えている。

同農場は海抜2100~2600メートル地点にある。石灯籠や木造建築と相まって、日本旅行をしているような雰囲気が味わえるとして、多くの行楽客や写真愛好家でにぎわっている。王仁助副場長は中央社の取材に対し、農場内では11月初めからモミジが赤くなり出し、今週が見頃だと話した。

(趙麗妍/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。