台湾・スターラックス航空、台北―福岡線 来年2月就航

2021/11/24 14:51
台湾・スターラックス航空、台北―福岡線 来年2月就航=写真は同社提供
台湾・スターラックス航空、台北―福岡線 来年2月就航=写真は同社提供

(台北中央社)台湾の航空会社、スターラックス(星宇)航空は24日、来年2月17日から台北(桃園)―福岡線を就航すると発表し、航空券の販売を開始した。同社の日本路線は、成田、関西に続く3路線目になる。

同社によると、就航当初は週1便、3月以降は週2便運航し、需要をみて増便する予定。日本が今月8日からビジネス関係者や留学生、技能実習生の新規入国を認めたことを受け、国境の開放に明るい光が差し込んだとしている。

また2022年には旅行市場が回復すると予測されることや、今年末には新たにエアバスA321neo型機2機を導入することから、さらに新たな日本路線の運航を検討しているという。

昨年運航を開始した同社は現在、台北を拠点にマカオ、ペナン、バンコク、成田、関西、シンガポール、クアラルンプール、ホーチミン、マニラ線などに就航している。

(汪淑芬/編集:齊藤啓介)

私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。