アプリで読む
ダウンロード

華僑団体、巨大な中華民国国旗掲げ行進 「神戸まつり」で台湾と街の絆アピール

2024/04/22 18:56
中華民国国旗を掲げて神戸まつりのパレードに参加した華僑たち=台北駐大阪経済文化弁事処提供
中華民国国旗を掲げて神戸まつりのパレードに参加した華僑たち=台北駐大阪経済文化弁事処提供

(東京中央社)華僑団体の中華民国留日神戸華僑総会は21日、神戸市で開催された「神戸まつり」のパレードに「神戸─台湾 絆」のチーム名で参加した。参加者は雨がぱらつく中、横幅7メートルの中華民国国旗を掲げながら神戸の街を練り歩いた。

神戸の他、京都や大阪、横浜、沖縄など各地から100人以上がチームに参加。台北駐大阪経済文化弁事処の洪英傑(こうえいけつ)処長(総領事に相当)も隊列に加わった。交通部(交通省)観光署のキャラクター「オーベア」(喔熊、オーション)が先頭を歩いた他、参加者による竜舞や中国語の歌に合わせたダンスも披露された。

パレード後には同総会が食事会を開いた。高四代会長は、雨にもかかわらず多くの華僑が参加したためうれしく感じたとあいさつ。「私たちの中華民国国旗で存在感を示せたのは本当に意義がある」と活動を振り返った。また、華僑らが団結、協力することで、共に中華民国台湾の名声を高められればと語った。

(楊明珠/編集:田中宏樹)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。
172.30.142.29