新型コロナ/国内感染1万5596人、死者は22人 感染者は今後増加の見込み/台湾

2022/08/15 17:14
台北市の繁華街、信義区を歩く人たち=資料写真
台北市の繁華街、信義区を歩く人たち=資料写真

(台北中央社)中央感染症指揮センターは15日、新型コロナウイルスの国内感染者を新たに1万5596人確認したと発表した。同センターの感染症サーベイランスを担う周志浩チーム長は、国内の感染者数がすでに最低水準に達したとの見方を示し、今後はいつでも増加に転じる可能性があると指摘した。

台湾ではオミクロン株の一つ「BA.5」の感染者がじわりと増えており、今後も増加を続けるとみられている。王必勝(おうひっしょう)指揮官は、早ければ2週間後には感染者が増え、多ければ1日当たり6万人の感染者が出る見込みだという。

新規国内感染者を居住地別で見ると、新北市が最多の3084人。以下は桃園市1973人、台中市1897人、台北市1789人、高雄市1286人、台南市971人などが続いた。

新たな死者は22人だった。50代から90歳以上の男女で、いずれも重症患者で基礎疾患を抱えていた。ワクチン接種回数が3回に満たなかった人は16人だった。

海外からの輸入症例は5歳未満から80代までの男女196人。先月15日から今月14日にかけて入国した。ベトナム、米国、インドネシア、カナダ、フィリピン、中国などに行動歴があった。

台湾内で確認された感染者数は累計で490万4622人となり、死者は9457人に達した。

(陳婕翎、張茗喧/編集:荘麗玲)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。