伝統の入れ墨施した先住民女性が死去 李文化部長「保存と伝承に感謝」/台湾

2022/06/15 16:02
パイワン族に伝わる手紋文化の保持者、湯瑞葉さん=文化部提供
パイワン族に伝わる手紋文化の保持者、湯瑞葉さん=文化部提供

(台北中央社)手に台湾原住民(先住民)パイワン族の伝統的な入れ墨「手紋」を施していた湯瑞葉さんが13日、亡くなった。李永得(りえいとく)文化部長(文化相)は、生涯を文化の保存と伝承に尽力したとして湯さんに感謝の意を示し、文化部(文化省)は引き続き手紋文化の伝承と記録への支援と協力を続けると語った。

同部が14日発表した報道資料によれば、湯さんは日本統治時代の1929(昭和4)年生まれ。昨年8月、南部・屏東県政府によって同県来義郷と泰武郷のパイワン族に伝わる伝統手紋文化の保持者の一人として登録されていた。

手紋はパイワン族の伝統的な社会階級を表したもので、集落の同意を経た後、身分に応じた模様を入れる。手の甲や手首に施し、手紋のある女性だけでなく家族や集落にとって重要なものであり、身分や責任、栄誉を表し、国家の領域や集落の人々、社会規範の全体的な体系を象徴するものとされる。

県が登録した来義郷と泰武郷の伝統手紋文化保持者は現在7人。地域性と特異性があり、文化伝承の価値と意義を持つとし、同部は今年1月、県文化資産保護所が打ち出した保存事業を承認していた。

(趙静瑜/編集:齊藤啓介)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。