福島第1原発、凍土壁で冷却液漏えい 台湾原子力委「異常ない」

2022/01/24 17:12

(台北中央社)東京電力福島第1原子力発電所の原子炉建屋への地下水流入を抑える「凍土壁」で、地盤を凍らせるための冷却液が漏れ出るトラブルがあった。行政院(内閣)原子能委員会(原子力委員会)は24日、福島第1原発周辺の各観測局では空間放射線量率の値に異常はないと説明した。

同委は冷却液自体に放射性物質は含まれていないと指摘。環境への影響はないとしている。

(梁珮綺/編集:楊千慧)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。