台湾、24日の国内感染者15人 礁渓のホテルで従業員4人陽性 新型コロナ

2022/01/24 16:13
ホテルの外で検査を待つ従業員や宿泊客たち=宜蘭県政府提供
ホテルの外で検査を待つ従業員や宿泊客たち=宜蘭県政府提供

(台北中央社)中央感染症指揮センターは24日、台湾で新型コロナウイルスの国内感染者を新たに15人確認したと発表した。このうち4人は北東部・宜蘭県礁渓のホテルの従業員だった。

新規国内感染者は10代から50代までの男女。礁渓のホテルでは23日、従業員1人の感染が判明していた。

海外に行動歴がある輸入症例は36人確認された。渡航先別では米国からの入国者が20人と最多だった。

台湾内の感染者は計1万8376人になった。死者は851人。この日、新たな死者の発表はなかった。

(陳婕翎、江慧珺/編集:名切千絵)

> 中国語関連記事
私たちはあなたのプライバシーを大切にします。
当ウェブサイトは関連技術を使用し、より良い閲覧体験を提供すると同時に、ユーザーの個人情報を尊重しています。中央社のプライバシーポリシーについてはこちらをご覧ください。このウインドウを閉じると、上記の規範に同意したとみなされます。